台風15号で被災した千葉県のホテルや旅館で、営業再開に向けた建物の修理が急ピッチで進んでいる。観光庁は7日、営業状況や再開時期を一覧できる情報を同庁ホームページに掲載。秋の行楽シーズンを前に、正確な情報発信で風評被害を防ぐ狙いがあり「安心して千葉県にお越しください」と呼び掛けている。

 国土交通省によると、千葉県では屋根が壊れたり、窓ガラスが割れたりするなど、4日時点で148のホテルや旅館で被害があった。

 観光庁のホームページでは、千葉県のエリアや自治体ごとに宿泊施設を整理。「通常営業」などの情報、会員制交流サイト(SNS)のアカウントなどを紹介している。