自民党元衆院議員の金子恵美氏(41)が7日に更新した夫のブログで、政界引退を表明した。2017年衆院選で新潟4区から立候補し落選。重複立候補した比例代表北陸信越ブロックの同党名簿では次点となっているが、今後、繰り上げ当選が決まっても「辞退したい」としている。

 同党新潟県連は先月、新潟4区の支部長に同県三条市の国定勇人市長を推すことを決めており、金子氏は「状況を鑑み、政界引退を決意した」としている。

 金子氏の夫は元衆院議員の宮崎謙介氏。