立憲民主党などは7日の衆院議院運営委員会理事会で、憲法改正手続きを定めた国民投票法改正案に関し、大島理森衆院議長が「臨時国会で合意を見つけてほしい」などと発言した点を批判した。野党筆頭理事の手塚仁雄氏(立民)は「とても看過できない。公正中立を旨とする議長の発言としては越権だ」と記者団に述べた。

 大島氏は5日、地元の青森県八戸市で開いた自身の会合で、国民投票法改正案について「もう少しのところに来ている。臨時国会で与野党が話し合い、合意を見つけてほしい」と発言。「与野党から相談があれば、いろんなことを話す機会はあるかもしれない」などと言及した。