【北京共同】米南部テキサス州ヒューストンの中国総領事館は6日、米プロバスケットボールNBAのロケッツの幹部が「香港に関わる誤った言論を発表した」として「強い不満」を表明するとのコメントを発表した。

 中国メディアによると、幹部は香港で続く抗議活動に関連し「自由のために戦おう」などとする内容の画像をツイッターで投稿したという。総領事館は「ロケッツに対して、誤りを正して適切な措置を取るよう厳重に申し入れた」としている。