6日午後2時20分ごろ、愛知県みよし市三好町新屋1の市道交差点で、天王神社の秋の大祭に参加していた近くの無職加藤俊博さん(70)が、巡行中の山車と電柱の間に挟まれ、転倒した。病院に搬送され、外傷性血気胸による死亡が確認された。

 豊田署によると、加藤さんは山車が左折する際、後方で安全を確認する見張り役だった。山車は木製で高さ約7メートル、幅約2・7メートル、長さ約6・7メートル。

 当時、幅約6メートルの道路で約100人が山車を担いだり、綱を引いたりしていた。加藤さんは山車を担ぐ棒と電柱に挟まれたとみられ、署が詳しい原因を調べている。