【バンコク共同】タイ中部のカオヤイ国立公園で5日、野生のゾウ6頭が滝に落ち死んでいるのが見つかった。公園当局は、付近で身動きが取れなくなっていた別の2頭を保護した。転落した仲間を助けようとしていたとみられる。

 公園当局によると、5日早朝、ゾウが激しく鳴いているとの通報があり、調べたところ、滝の底で6頭の死骸が見つかった。