水球の日本選手権最終日は6日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子決勝は過去37度優勝の全日体大を前身とするKingfisher74が、前回優勝のブルボンKZに14―10で勝ち、2年ぶり3度目の頂点に立った。9―8で迎えた最終第4ピリオドに足立の3連続ゴールなどで突き放した。

 女子は秀明大クが日体クに14―13で競り勝って優勝した。