コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」で初開催となる全国都道府県対抗選手権最終日が6日、茨城国体の文化プログラムとして、つくば市のつくば国際会議場で行われ、地元の茨城が3種目による総合優勝を果たした。予選があった5日と合わせ、選手や観客らで約2500人が集まった大会の盛り上がりに茨城県の大井川和彦知事は「まさに日本のeスポーツの幕開け。ますます楽しみになった」と満足げだった。

 昨夏のジャカルタ・アジア大会で公開競技として実施され、将来的に五輪競技に採用されるかどうか注目される「eスポーツ」。だがスポーツとして扱うことにはさまざまな意見がある。