【香港共同】香港でデモ参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止法」が施行されたことに反発し、中心部や九竜半島で6日、マスク姿の市民ら計数万人が無許可の抗議デモを行った。一部が過激化し、各地の中国系銀行や駅に放火した。香港メディアによると警察は施行初日の5日、同法に違反したとして13人を逮捕した。

 個人の特定を防ぐマスク着用を禁じることで過激デモの抑止を狙ったが、逆に先鋭化した若者らの怒りを招き混乱に拍車を掛けた。6日のデモでは、若者らが火炎瓶を投げるなどして警官隊と衝突。警官隊は多くの催涙弾を発射し、多数の若者らを拘束した。政府によると、4人が負傷した。