【ニューヨーク共同】米大リーグのプレーオフは5日、ニューヨークなどでア・リーグの地区シリーズ(5回戦制)第2戦が行われ、ヤンキース(東地区)は田中がツインズ(中地区)戦に先発し、5回を3安打1失点、7三振2四死球で勝利投手になった。

 チームは8―2で2連勝し、リーグ優勝決定シリーズ進出にあと1勝とした。

 アストロズ(西地区)はレイズ(ワイルドカード)を3―1で破り、2連勝した。コールが7回2/3を無失点、15三振の力投だった。

 ナは試合がなく、6日に第3戦が実施される。