青森県警五所川原署などは5日、廃棄物処理法違反容疑で4日に逮捕した男について、逮捕状に記載された逮捕場所の住所に誤りがあったため、いったん釈放したと発表した。釈放後すぐ緊急逮捕した上で、新たな逮捕状を請求した。

 逮捕されたのは、青森県五所川原市の解体業笠井健一容疑者(69)。捜査員が逮捕状の誤りに気付き、5日午後4時10分ごろに釈放、5分後にあらためて逮捕した。

 五所川原署の佐藤弘康副署長は「確認を徹底し、再発防止を図っていく」とコメントした。

 逮捕容疑は、経営していた同市の会社敷地内で3日、家の解体時に出た木くずなどの廃材を違法に焼却した疑い。