旧日本軍の従軍慰安婦だった李玉善さん(92)の半生を追ったドキュメンタリー映画「まわり道」の上映会が5日、川崎市で開かれ、李さんが来日して参加した。「日本が悪いことをしたのに『やっていない』と言う。その結果、今の韓日関係悪化がある。歴史の否定は許されない」と話した。

 上映会は慰安婦問題に取り組んできた市民団体が主催し、約200人が参加した。上映前の記者会見に車いすで現れた李さんは「日本政府は私たちが死ぬのを待っているのだろうが、死んでもこの問題はなくならない。安倍(晋三首相)に会いたくて来た」と話した。