阪神が終盤に6点差をひっくり返した。1―7の七回に代打木浪が適時打、北條は3点本塁打で計4得点。八回は木浪の適時打で1点差に迫り、北條が逆転の2点三塁打を放った。六回以降は救援陣が無失点。8番手の藤川が締めた。

 DeNAは一回に筒香が西から3ランを放って主導権を握り、五回に4点を加えたが、エスコバー、国吉らが痛打された。