プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は5日、セ、パ両リーグのファーストステージ(3試合制)が開幕し、セは阪神がDeNAに8―7で逆転勝ち、パは楽天がソフトバンクに5―3で競り勝ち、ともにレギュラーシーズン3位チームが先勝した。6日の第2戦で、阪神と楽天が勝てばファイナルステージ進出が決まる。

 阪神は1―7の七回に北條の3ランなどで4点を奪い、八回に木浪の適時打と北條の2点三塁打で逆転した。

 楽天は3―3の七回、茂木の本塁打で1点を勝ち越した。先発した則本昂は6回3失点と好投し、CSで初勝利を挙げた。