東京六大学野球リーグ第4週第1日は5日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、法大が明大を2―0で破り、開幕5連勝した。早大は東大に4―3でサヨナラ勝ちした。

 法大は一回に3連打で先制し、七回にスクイズで加点。抑えの三浦ら5人の継投で逃げ切った。明大の森下は完投したが援護を得られなかった。

 早大は同点の九回2死二、三塁で福岡が決勝の中前打を放った。東大は3点差を追い付きながら、拙守もあって先発の小林大が力尽きた。