ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグB組で2連勝と好発進したニュージーランドは5日、ナミビア戦(6日・味の素スタジアム)に向けた最終調整を千葉県浦安市で公開し、SOで先発するJ・バレットがキックを入念に確認した。

 カナダ戦ではWTBで活躍した快足のJ・バレットを司令塔に据える。フォスター・コーチは「われわれのスタイルをしっかり理解している。役割は少し変わるが、うまくできると信じている」と高い信頼を口にした。

 2連敗のナミビアのジョーンズ・コーチは東京都内での記者会見で「タフな試合になるのは間違いない。最後まで食らいつく」と語った。