【香港共同】香港デモで参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止法」制定に対する抗議活動は、同法施行後の5日未明まで続いた。4日夜には若者らが中国系の銀行支店に放火するなど過激化。デモ隊の反発が強まる中、通信アプリ上では5日午後も約20カ所で抗議活動が呼び掛けられており、緊張が高まっている。

 香港メディアによると、4日夜に警官に太ももを撃たれた少年(14)は重傷。警察は実弾1発の発射を確認し、私服警官が「大勢の暴徒に殴打され、生命の危険を感じたため」と主張した。

 一方、民主活動家らは4日、覆面禁止法の施行停止を求める司法審査を裁判所に申し立てたが棄却された。