フィギュアスケートで日本、欧州、北米による男女混合のチーム対抗戦、ジャパン・オープンの前日練習が4日、さいたまスーパーアリーナで行われ、昨季のグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花は注目の4回転サルコー挑戦について「分からない」と話した。練習では跳ばず、5日の最終調整で演目に入れるかどうか決断するようだ。

 今季シニアデビューした15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が音楽をかけた練習で3種類計4度の4回転に挑戦して二つ成功。

 宇野昌磨は「決していいと言える状況ではない。今回はすごく(ジャンプの)難度を落とす」と話し、4回転を二つにとどめる予定。