経営再建中の音響機器メーカー、オンキヨーは4日、米同業サウンド・ユナイテッドの親会社へのホームAV(音響・映像)事業売却を中止すると発表した。4日に開いた取締役会で決めた。今後は他社との提携を模索しながら、財務健全化と経営合理化を進める。

 売却に向けた協議をサウンド社側と重ねたが折り合えず、11月末に設定した売却期限に間に合わないと判断した。オンキヨーは発表文で「譲渡完了にめどが立たない中で、譲渡契約に今後も互いに拘束されるのは得策でない」と説明した。2020年3月期の連結業績への影響は精査中とした。