「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋の葛原守社長は4日、名古屋市内で記者会見し、7月に表明したカレーの本場インドに進出する計画を巡り、2020年夏までにデリー近郊のショッピングセンターに1号店を出店する方針を明らかにした。

 葛原社長は「カレー文化の発祥の地インドに出店してみたいとの思いがあった」と強調。「たまには日本のカレーもいいねとチョイスしてもらいたい」と期待を寄せた。

 インドでは現地の宗教に配慮し、牛肉や豚肉を使わない予定。デリー出店を皮切りに、将来はインド全土への店舗拡大にも意欲を示した。