男子テニスの楽天ジャパン・オープン第5日は4日、東京五輪会場として改修された有明コロシアムなどで行われ、シングルスの準々決勝で予選から勝ち上がった内山靖崇(北日本物産)と主催者推薦出場のダニエル太郎(エイブル)は4強入りを逃した。

 世界ランキング136位の内山は53位のライリー・オペルカ(米国)に3―6、3―6で敗れた。127位のダニエルは80位のジョン・ミルマン(オーストラリア)に4―6、0―6で屈した。

 第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第5シードのリュカ・プイユ(フランス)を6―1、6―2で下し、準決勝に進出した。