青森や岩手など12都県の漁業者向け金融機関である信用漁業協同組合連合会(信漁連)が、2021年4月に合併することで基本合意し、仮契約を締結したことが4日、分かった。合併推進協議会を7日に発足し「東日本」信漁連の設立に向けた詰めの作業に入る。

 合併するのは青森、岩手に加え、茨城、千葉、東京、新潟、富山、石川、福井、静岡、愛知、三重の各信漁連。仮契約は9月30日付で、対等合併の方針も確認した。

 なぎさ(兵庫)、鳥取、徳島、香川、高知の5信漁連の「西日本」と、福岡、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄の6信漁連でつくる「九州」も年内にも東日本と同様の手続きを始める。