【ローザンヌ(スイス)共同】カタールのドーハで開催中の陸上の世界選手権で厳しい暑さへの対応が問題となる中、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は3日、東京五輪の暑さ対策では大会組織委員会が国際競技連盟(IF)にアンケートを実施し、競技への意見や要望を集約する方針を明らかにした。

 スイスのローザンヌで開かれた理事会では東京の報告で暑さ対策が焦点となった。ドーハでは深夜スタートのマラソンや競歩でも高温多湿の条件で棄権者が続出し批判が出ているが、バッハ会長は「ドーハの経験を共有することで準備につながる。各IFの暑さ対策も経験を生かせる」と自信を示した。