【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは4日、チョ・グク法相の親族が運営している学校法人を巡る不正疑惑で、検察がチョ氏の弟について背任容疑などの逮捕状を請求したと報じた。弟が逮捕されれば、数々の疑惑が浮上する中でチョ氏の法相任命に踏み切った文在寅政権に対し、反発が広まる可能性がある。

 聯合によると、弟は、チョ氏の父が理事長を務めていた学校法人から資金を引き出すために訴訟を偽装したほか、学校法人の教育施設への就職希望者から採用の対価として数億ウォン(数千万円)を受け取った疑いが持たれている。