プロ野球広島の新監督に佐々岡真司投手コーチ(52)が昇格して就任することが4日、確実となった。広島市のマツダスタジアムで取材に応じ、球団から就任要請があったことを明らかにし「前向きに考えたいと話をした。(決断に)そう時間はかからないと思う」と意欲的な姿勢を示した。

 島根・浜田商高からNTT中国を経て、ドラフト1位で1990年に広島に入団。1年目から先発、抑えとして大車輪の活躍を見せた。チームがリーグ優勝した91年は最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得し、リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。2007年引退。570試合に登板し、138勝153敗106セーブ。