川崎重工業は4日、岐阜県各務原市の岐阜工場に完成した宇宙ごみ(スペースデブリ)除去の指令所となる基地局を報道陣に公開した。2020年度中にもデブリを捕獲する超小型衛星を打ち上げ、基地局と結んで実証実験を行う計画だ。25年度の実用化を目指す。

 デブリはロケットの残骸や運用を停止した人工衛星の破片で、直径10センチ以上のもので2万個以上あるとされ、今も増え続けている。放置すると国際宇宙ステーションや人工衛星に衝突する恐れがあるが、除去技術は確立されておらず、各国が開発を加速させている。