NHKの報道を巡って昨年、日本郵政グループが再三抗議した問題で、野党が4日、国会内で2回目の合同ヒアリングを開いた。NHKの取材手法を「暴力団と一緒」と発言した日本郵政の鈴木康雄上級副社長(元総務事務次官)と、NHK側の主張が対立した。

 鈴木氏は3日のヒアリング後、記者団に、NHK側から昨年「取材を受けてくれるなら(情報提供を呼び掛ける)動画を消す」と言われたとし、その手法を批判した。

 NHKの木田幸紀放送総局長は4日のヒアリングで「丁寧に取材交渉をしていたと認識している。改めて確認したがそのような事実はない」と否定した。