【ワシントン共同】米金融市場で3日、米連邦準備制度理事会(FRB)が月内に今年3回目の利下げに踏み切るとの観測が強まった。中国との貿易摩擦や世界経済減速を背景に米企業の景況感が悪化しており、FRBが追加利下げで景気を支えざるを得ないとの見方からだ。

 FRBは7月末と9月中旬の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定。大手取引所CMEグループの金利予想では、FRBが今月下旬の次回FOMCで利下げを決めるとの確率が3日、約9割に達した。