日本コカ・コーラは31日、主力商品「コカ・コーラ」について、ペットボトル容器の新サイズ350ミリリットルと700ミリリットルを導入すると発表した。2020年1月13日から関東のスーパーや量販店、ドラッグストアの一部店舗で先行販売する。少人数世帯の増加を背景に、自宅に持ち帰っておいしく飲みきれるサイズを用意した。新たな需要の掘り起こしで販売増を狙う。

 対象は東京都と埼玉県、千葉県、神奈川県の約8500店。現在主力の500ミリリットル容器は、その場で飲まれることが多いコンビニや自動販売機を中心に展開する。新容器の導入により販売金額ベースで3割増を目指す。