神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、市教育委員会は31日、有給休暇扱いだった加害教諭4人について、起訴の恐れがある職員を休職させるために改正した条例に基づいて分限休職とした。給与は差し止めとなる。

 市教委によると、処分に先立って同日開かれた弁護士らによる分限懲戒審査会は、4人の行為は程度に差があるとして「4人とも起訴の蓋然性が高いとはいえない」と判断。「休職は不相当」と結論付けたが、市教委は従わなかった。

 市教委は記者会見し「警察の捜査が進んでいるので起訴される恐れがあると判断した」と説明した。審査会の結論に拘束力はない。