任天堂は31日、主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の4~9月の販売台数が、前年の同じ期間と比べて約1・4倍の693万台だったと発表した。このうち、9月20日に発売した携帯専用に機能を特化した「ライト」が195万台を占めた。テレビにつないで遊べる従来のスイッチの販売は微減にとどまった。

 スイッチのソフトの販売台数も約4割増の5849万本と好調だった。古川俊太郎社長は大阪市で開いた決算会見で「ライトは持ちやすさや軽さが評価された」と述べた。来年3月までのスイッチ全体の年間販売目標は1800万台で据え置いた。