東京電力は31日、福島第1原発2号機の原子炉建屋の最上部にあるプールからの核燃料取り出しを巡り、建屋脇に、取り出しに使う機器などを収容する専用施設を建設する方針を決めた。取り出し工法の変更に当たる。従来は建屋最上部の屋根部分などを全て解体する計画だった。東電は政府と共同で定める廃炉の工程表を見直す。

 解体に伴う放射性物質の飛散や作業員の被ばくを低減できるという。

 専用施設は、原子炉建屋に近接するように建てる。両方の建物の側壁に開口部を作り、燃料取扱機などを行き来させられるようにする。

 2号機では事故時、水素爆発が起きず、原子炉建屋は大きな損壊を免れた。