山梨県は31日、北杜市で捕獲された野生イノシシ1頭が豚コレラに感染していたと発表した。昨年9月の国内発生以来、県内の確認は初めて。感染が確認されたのは12県目となる。

 県によると、29日に捕獲したイノシシが30日、県の遺伝子検査で陽性反応が出て、国の精密検査で31日に確定した。

 飼育豚や野生イノシシの感染は、これまで群馬、埼玉、富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀の11県で確認されていた。