【ニューデリー共同】インド政府は31日、北部ジャム・カシミール州を二つの連邦政府直轄地に分割し、それぞれの行政トップの就任式を開いた。8月の自治権剥奪に続く統治強化手続きの一環。1947年の分離独立以来、同州を含むカシミール地方の領有権を争うパキスタンは「係争地での一方的措置」と反発している。

 同州は東西に分けられ、西部がジャム・カシミール、東部がラダックとなった。モディ首相は31日の演説で「(自治権は)分離主義とテロを与えただけだ。団結した国造りが始まる」と正当性を強調した。

 国民の約8割がヒンズー教徒のインドの中で同州は唯一、イスラム教徒が多数派。