れいわ新選組の山本太郎代表は31日、共同通信加盟社論説研究会で講演し、次期衆院選に向け、消費税率5%への引き下げを共通政策の条件に、野党共闘を目指す考えを重ねて示した。協議が調わない場合には、比例代表での議席獲得を目指し、全国の小選挙区に候補者を積極的に擁立する方針も明言した。

 5%への引き下げについて「われわれが主張している消費税廃止を、ただのスローガンにしたくない。減税を短期間に実現できる方法は、野党で足並みをそろえることだ」との認識を表明。「消費税が5%になるならとのみ込む気持ちだ」と述べ、共闘できれば擁立を抑制する意向も示した。