埼玉県警は31日、不動産業者を装って20代の女性宅に侵入し、体を触ったとして、強制わいせつ容疑などで逮捕していた県警鉄道警察隊の巡査当野弘児容疑者(32)=さいたま市見沼区=を懲戒免職処分とした。さいたま地検は同日、強制わいせつ罪などで起訴した。

 県警や起訴状によると、当野被告は県警のデータベースを不正に利用して女性の個人情報を入手し、8月26日、不動産業者を装って同市南区のマンションにある女性の部屋に入り、わいせつな行為をしたとしている。

 県警によると、当野被告は一部否認しているが、体を触ったことを認め、「被害者に申し訳ない」と話しているという。