ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の3位決定戦(11月1日・味の素スタジアム)でウェールズと対戦するニュージーランドは31日、東京都内で最終調整した。練習終盤ではSOモウンガやFBのB・バレットがプレースキックの確認をした。

 準決勝でイングランドに敗れ、史上初の3連覇には届かなかった。失意の底に沈んだ選手たちは率直に胸の内を明かし合ったという。SHのA・スミスは「今でも痛みはあるが、もう一度ジャージーを着ることができ、とても幸運だ」と強調。今大会限りで退任するハンセン監督は「全てのファンが誇りに思うパフォーマンスをすることが重要になる」と話した。