那覇市の首里城で主要施設の正殿などが全焼した火災で、熱に反応する防犯センサーが作動した直後に正殿内の北側部分で煙が充満し、その後火柱が上がっているのを警備員が確認していることが31日、市消防局への取材で分かった。沖縄県警はこの付近から出火したとみて、1日に実況見分して原因を調べる。発生約1時間前まで正殿前の中庭(御庭)でイベントに使う照明やぐらの設営が行われており、関係者から話を聴いている。

 玉城デニー知事は31日、記者会見で「必ず復元する。県は全身全霊で取り組む」と述べ、1日に官邸で菅義偉官房長官に面会できるよう政府側に申し入れたと明らかにした。