【ソウル共同】韓国のチョ・グク前法相の家族を巡る不正疑惑で、韓国検察は31日、チョ氏の親族が運営する学校法人に損害を与えたとして、背任容疑などでチョ氏の弟を逮捕した。ソウル中央地裁が令状発付を認めた。弟への令状請求は10月9日に一度棄却されており、今回が2回目だった。聯合ニュースが報じた。

 検察は既にチョ氏の妻を逮捕。チョ氏本人が一連の疑惑に関与していたかどうかが焦点となっている。弟の容疑にチョ氏が関与した明確な証拠は現時点でないとされるが、再請求で逮捕が認められたことで検察の捜査がさらに勢いを増すとみられる。