安倍首相は31日、法相を辞任した河井氏の後任に森元少子化担当相を起用した。25日の菅原前経産相の更迭に続き、9月11日の内閣改造で選んだ新任閣僚2人が1週間以内に相次いで辞任に追い込まれた。野党はさらに、大学入学共通テストに導入される英語の民間検定試験を巡り「自分の身の丈に合わせて」と発言した萩生田文科相を追及する構え。与野党対立で国会は空転した。

 野党は衆参両院で首相が出席する予算委員会の集中審議を要求。自民党の森山国対委員長は立憲民主党の安住国対委員長と会談し、11月11、12両日の集中審議開催を条件に国会審議の正常化を求めた。安住氏は応じなかった。