防衛省は31日、佐賀県神埼市の住宅に墜落した陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターについて、11月中旬から飛行を再開する方針を県に伝えた。担当者が県庁を訪れ、三重県伊勢市の明野駐屯地にある陸自航空学校で再開すると説明した。事故機が所属した目達原駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)での再開時期は未定とした。

 目達原駐屯地の幹部は、再発防止策などについても報告した。飛行再開後は、明野駐屯地で目達原所属の操縦士を数週間訓練する。

 事故は昨年2月5日に発生した。住宅にいた女児がけがを負い、隊員2人が死亡した。