ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で南アフリカとの決勝(11月2日・日産スタジアム)に臨むイングランドが31日、登録メンバー23人を発表し、ニュージーランドを撃破した26日の準決勝から先発15人に変更はなく、CTBのファレル主将、SOフォードらが名を連ねた。

 FW陣はセットプレーや防御で力を発揮するロックのイトジェのほか、プロップのマコ、ナンバー8のビリーのブニポラ兄弟がそろって先発出場。21歳のカリーと23歳のアンダーヒルはW杯決勝で先発するフランカーの組み合わせとして史上最年少コンビとなる。