河井克行法相が妻の公選法違反疑惑により辞任したことを受け、31日の国会審議は困難な状況になった。衆院憲法審査会は今国会初の実質議論を予定し、与党が実施を呼び掛けているが、野党は出席に応じていない。開催取りやめになる可能性がある。会社法改正案の審議入りを予定していた衆院本会議も開会を取りやめた。参院は、与野党が経済産業委員会など開催で合意していた全委員会の実施を見送った。

 これに先立ち立憲民主党など野党4党の国対委員長は国会内で会談し、31日の国会審議に応じない方針を確認した。