小学校建設を巡り、国や大阪府などの補助金計約1億7千万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた学校法人「森友学園」の前理事長籠池泰典被告(66)と妻諄子被告(62)が31日、東京の日本外国特派員協会で記者会見し「私は小学校をつくりたかっただけだ。私と妻は安倍晋三首相の被害者だ」と主張した。

 会見で籠池被告は「300日間の不当勾留があり、司法取引も行われていた」とも述べた上で、「首相夫妻との関係、国有地のごみ問題から目をそらすために私たちを逮捕した」と強調した。

 30日に大阪地裁で開かれた公判で、検察側は両被告にいずれも懲役7年を求刑した。