兵庫県マスターズGCで開催された女子ゴルフのNOBUTAグループ・マスターズGCレディース(10月24~27日)で大会前に選手がコース関係者に対して暴言を吐いたとされる問題で、笠りつ子選手は31日、自身の公式サイトで自分の発言であることを認めて謝罪し、当面の間ツアー出場を自粛すると明らかにした。

 笠選手は、サイトに自筆の声明文をアップ。「私の不適切な発言により、大会主催者、コース関係者の皆様が不快な思いをされたことは事実です」とした上で「ゴルフを愛する全ての人を裏切ってしまいまして、本当に申し訳ございませんでした」と記した。