NTTは31日、フォトニクス(光工学)と呼ばれる最先端技術を活用し、コンピューターなどの処理能力を大幅に高める新たなネットワークの開発に向け、米インテル、ソニーと共同で取り組むと発表した。

 消費電力を抑えながら大容量のデータを高速で処理できるため、自動運転などへの活用が見込まれる。3社は技術仕様などを検討する協議体を来春に設立し、2030年ごろのサービス開始を目指す。

 新技術の名称は「IOWN(アイオン)」。従来の電子回路は電気信号を用いるが、新技術では光信号で処理するチップをパソコンなどの端末に組み込み、ネットワーク全体で光を使って通信する仕組み。