野党は31日、河井克行法相の辞任を受け、安倍晋三首相の任命責任を徹底追及する姿勢を強めた。菅原一秀前経済産業相に続く公選法違反疑惑による閣僚辞任を「前代未聞の不祥事」などと指摘。衆参両院で予算委員会集中審議の開催を求め、首相に選任の理由などをただす考えだ。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は31日、自民党の森山裕国対委員長と会談し、法相辞任を踏まえ、同日の国会審議に応じないと通告した。今後の日程は与野党の幹事長・書記局長レベルで協議すべきだとも伝えた。

 安住氏は記者団に「河井氏が国会への説明責任を放棄して辞めたのは大変遺憾だ」と述べた。