大阪府岸和田市にある大阪地検岸和田支部で、収容予定の女が男の運転する軽乗用車で逃走し、検察事務官がはねられてけがをした事件から一夜明けた31日、付近の小学校では教員や保護者が登校を見守った。地検や府警は引き続き公務執行妨害などの疑いで捜査し男女の行方を追っている。

 女は自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)罪などで公判中の岡崎公栄被告(49)。地検が逃走を公表したのは発生の約5時間後だった。

 支部に近い市立大宮小では31日朝、教員や警察官が正門前で児童に声を掛けた。事件を受け登校時間帯は教員8人が通学路などを巡回した。