31日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比06銭円高ドル安の1ドル=108円79~83銭。ユーロは39銭円安ユーロ高の1ユーロ=121円44~46銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)が30日、政策金利の引き下げを決めたことから、米長期金利が低下。日米の金利差が意識され、円を買ってドルを売る動きがやや優勢となった。