大阪観光大などを運営する学校法人明浄学院(大阪府熊取町)で21億円が不明になった事件で、法人から21億円を預かったとされる大阪府吹田市の不動産会社「サン企画」が、岡山市の男性が経営するコンサルタント会社の関連口座に全額送金していたことが31日、法人関係者への取材で分かった。男性は元法人理事長の女性の知人。

 女性が不可解な資金移動に関与したとみられ、大阪地検特捜部は29日以降、業務上横領容疑で学校法人や女性の自宅、サン企画、コンサルタント会社の関係先などを家宅捜索。資金が最終的にどこに流れたのか解明を進めているもようだ。